Google Apps Script(GAS)とは|超概要レベルの内容をまとめてみた

スポンサーリンク
Google Apps Script

Google Apps Script(GAS)とは何かと聞かれた時に、こんな感じのものだよと説明できるレベルの情報を自分なりにまとめてみました。

今後こう聞かれたら、こう返せば良いという一問一答形式でまとめてみます。

GAS(ガス)ってなんの略?

Google Apps Script (グーグル アップス スクリプト)の略。

Google Apps Scriptってなに?

Googleが提供するJavaScriptベース(JavaScriptという言語で記述することができる)プログラミング言語のこと。
Gmail、Googleスプレッドシート、Googleドキュメント、Googleカレンダーなど、Googleのあらゆるサービスをプログラミングによって操作することができる。

参考:https://workspace.google.co.jp/intl/ja/products/apps-script/

例えばなにができるの?

基本的には、手動で行っていた作業を自動化したり、効率化できる。

例えば、以下のようなことができる。

・Googleフォームで集めた質問の回答をGoogleスプレッドシートに出力し、集計や表作成を自動で行う
・毎日朝にGoogleカレンダーに設定されている1日の予定をGoogleスプレッドシートに一覧で出力する
・Googleスライドで作成した資料の最終確認として、自動でフォント等の文字装飾を行う
・Googleフォームで回答してくれた人に自動でお礼メールを送信する
・Googleスプレッドシートに記入してある住所を、GoogleマップのURLに変換する

上記の通り考えていくと限りなくいろんなことができる。
Googleサービスの中では以下のサービスがGASによって操作できる。(GASの仕様Updateによっては今後変更の可能性あり)

Gmail
Googleドライブ
Googleカレンダー
Googleドキュメント
Googleスプレッドシート
Googleスライド
Googleマップ
Googleフォーム
Google翻訳
Googleデータポータル(BIツール)

また、連携できる外部サービスも多い。例えば以下のようなサービスとの連携もできる。

Slack
Chatwork
Teams
Twitter
LINE

外部サービスの連携も踏まえたできることで言うと、Googleカレンダーの1日の予定を一覧に整形して、 LINEで受け取ることも可能。

どうやって始めるの?

Googleアカウントを持っていればすぐに始められる。
具体的には二つの方法でGASを書いていく準備ができる。

①Googleドライブから作成する

Googleドライブの画面から、マイドライブ>その他Google Apps Scriptを選択する。

別タブで以下のような画面が表示される。ここでプログラムを記述していくイメージ。

②各種Googleサービスから作成する

例えばGoogleスプレッドシートを操作するGASを作成したければ、スプレッドシートの画面から、拡張機能>Apps Scriptを選択する。

押下で①同様別タブで以下のような画面が表示される。

参考にした書籍

参考にした現在読書中でもある書籍はこちらです。

詳解! Google Apps Script完全入門 [第3版]
Amazonで高橋宣成の詳解! Google Apps Script完全入門 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました